宇都宮から、社会に変化を起こす

第3期生募集

10/20締切

OUR THEME

宇都宮アクセラレーター2020とは

2020年、歴史的災厄であるCOVID-19の世界的大流行によって、歴史の1ページに大きく刻まれる時代の転換期を迎えています。

With COVID-19の世界では、国や資本主義の在り方、人々の生き方、働き方など、あらゆる物事において変化が起こり、強烈な変革を求められています。

そのような環境下、今回で3期目となる「宇都宮アクセラレーター」では『変化の先頭に立ち、変化の生み手になるスタートアップ』の創出を目指して、起業家教育はもちろんのこと、1期・2期の採択企業との交流、地元企業との実証実験の取り組み、他のアクセラレータープログラム採択企業との連携機会なども設けることで、事業創造が加速するよう全力で支援いたします。

この激動の時代に共に変革の波を起こし、共に社会を変える当事者となりましょう!

FOCUS AREA

募集領域
事業領域は不問ですが、特に以下の4つの分野には注力しています。

農業分野

生産性向上やブランド化、販路拡大など

医療福祉分野

医療・福祉現場での課題の解決や、新製品・技術等の開発等

観光分野

地域資源の活用やインバウンド促進、ブランド力向上等

ICT分野

IoT、ビックデータ、AI、ロボット、航空宇宙、モビリティ等

SUPPORTING PARTNERS

支援機関

MERIT

参加メリット

メンターネットワーク

宇都宮市、01Boosterのメンターネットワークを利用することができます。

信用力の向上

行政の主催するアクセラレーターに採択されることで、社会的な信用を得ることができます。

リソース支援

宇都宮市内外におけるPR、広報を活用することができます。

事業連携

宇都宮ベンチャーズ、経済同友会、金融機関を始めとする各支援機関との連携を想定しております。

オフィス利用

アクセラレータープログラム期間中は、宇都宮市内のコワーキングスペース、01Boosterの東京施設を利用することが可能です。

ネットワーキング

宇都宮だけでなく、東京の施設等での発表の場や東京圏の支援者・企業等との交流機会を提供します。

HISTORY

過去の採択企業
株式会社HARMANPRODUCTS
大谷石スピーカーの美音

SCHEDULE

スケジュール

2020/8/24 〜 2020/10/20
応募期間

2020/8/24

応募開始

応募期限まで随時

事前メンタリング

応募プランに対するメンタリングを受付けます。

2020/10/20

応募最終締切

2020/9/2 19:00〜20:00

事前セミナー Day1 @オンライン

2020/9/25 19:00〜20:00

事前セミナー Day2 @オンライン

2020/10〜11
選考期間

2020/10 下旬予定

1次選考(書類選考)通知

2020/11 上旬予定

2次選考(面談選考)実施

2020/11 中旬予定

採択結果発表

2020/11 〜 2021/03
プログラム期間

2020/11 下旬予定

キックオフ

2020/11〜2021/2 予定

ご支援

月1回以上のメンタリング・講義・定例会などを開催予定です。

2021/3 予定

デモデイ

本アクセラレータープログラム支援終了後に成果を発表していただきます。

MENTOR

メンター

濵地 正成

うつのみや産学官金連携
コーディネーター

高橋 英基

うつのみや産学官金連携
コーディネーター

櫻井 仙長

うつのみや産学官金連携
コーディネーター

小池  一朗

うつのみや産学官金連携
コーディネーター

岩井 俊宗

NPO法人 とちぎユースサポーターズネットワーク
代表理事
1982年生まれ。栃木県宇都宮市出身。2005年宇都宮大学国際学部卒業後、ボランティアコーディネーターとして、宇都宮市民活動サポートセンター入職。NPO・ボランティア支援、個別SOSに従事。2008年より、若者の成長の機会創出と、持続的に取り組む人材を輩出し、若者による社会づくりの促進を目的に、とちぎユースサポーターズネットワークを設立。2010年NPO法人化。代表理事を務める。NPO法人宇都宮まちづくり市民工房理事、栃木県社会貢献活動推進懇談会委員、栃木県協働アドバイザー、一般社団法人とちぎニュービジネス協会理事等も務める。

常川 朋之

株式会社エンターテイン
代表取締役CEO
宇都宮市出身
・2001年に商工会議所へ入所し、企業支援や総務職を経験。2015年に伝統工芸を活用した事業で起業。
・2016年にアクセラレーターへ参画。特に地方行政が主催するプログラムを企画・運営し、産業創出のために地域のスタートアップを支援。東京都内・大阪府の起業家支援プロジェクトなどでメンターを担当。メンタリング件数は3年間で1,000件を超えた(2017-2019年度)。
・2019年3月にはキャリア教育の一環として、高校生向けに「起業家から学ぶ、自分の価値を発見するセミナー」などを実施。2019年4月に全国各地の人や地域の強みを引き出し、育てることを使命と感じ、改めて法人を設立。
2020年度は大手企業の新規事業創出に関わるプロジェクトをハンズオン支援、各アクセラレータープログラムの講師やメンターを務める。また自らもコーヒーに関する事業を新たにスタートした。

鈴木 規文

01Booster
代表取締役CEO
99年カルチュア・コンビニエンス・クラブ⼊社、管理部門を統括するコーポレート管理室⻑。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。06年エムアウトにおいてアフタースクール事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却、3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、11年事業創造アクセラレーター01Boosterを創業し、起業家⽀援、企業向け新規事業開発⽀援事業を⾏っている。2009年グロービス経営⼤学院アルムナイアワード受賞。

合田 ジョージ

01Booster
共同代表 取締役
MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手との国際アライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造によるデザイン白物家電の商品企画を担当。村田製作所にて、北米向け技術営業、米国半導体ベンダーとの国際アライアンス、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業に携わり、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略策定を実施。スマートフォン広告のIT StartupであるNobot社に参画、Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、同社のKDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定。現在は01Boosterにてコーポレートアクセラレーター・事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアを中心とした国際的な事業創造プラットフォームとエコシステム構築を目指している。日本国内の行政や大学を含む、多数の講演やワークショップ実施の実績あり。

渡辺 朗

01Booster
執行役員
1995年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下CCC)に入社。一貫してデータベースマーケティングの分野に従事し、主に事業戦略や新規事業開発を担当。Tポイント事業、レコメンド事業、スマホサイフ事業の立ち上げを行う。2012年にCCCの執行役員に就任。2015年にCCCからマーケティング事業部門を会社分割してCCCマーケティングが設立され、執行役員に就任。2019年より01Boosterに参画。

平岡 仁志

01Booster
人材戦略
マネージャー
2004年、新卒で自動車内装部品会社に入社。主にトヨタ自動車に対する内装部品の営業・企画・生産準備・品質管理等に従事。2007年、幅広く業務を経験する中で自身のキャリアの幅を拡げるため、日本GE Commercial Financeへ転職。中小企業を中心にリース・保険等の金融サービスのソリューション営業を担当。その後、リーマン・ショックの影響から、社会性・公共性・成長性の高い業界への転職を決意。2009年、医療系ベンチャーの株式会社エス・エム・エスに転職。同年12月、エムスリー株式会社との合弁会社、エムスリーキャリア株式会社の立ち上げに参画し、医師転職支援のキャリアコンサルタントとして、紹介事業立ち上げに従事。オペレーション構築、複数の大手医療グループとの取引拡大、事業提携等で医師人材紹介事業の拡大に貢献。2015年9月、独立。グロービス経営大学院MBA。

十枝 真弓

01Booster
コミュニティ
マネージャー
ジョブホッパー。ゼネラリスト。財団法人でのベンチャー支援をきっかけに、経営に必要な分野に広くあまねく挑戦。これまでに総務・人事・経理・企画・営業を経験し、交渉力、利害調整力、論理的思考力を習得。2011年から生保でファイナンシャルプランナーとして個人向けのコンサルティング営業を経て2013年に独立。十枝FPオフィス 代表。

辻 孝次

01Booster
ITビジネス開発
マネージャー
UXアーキテクト。IT代理店にてNTT、KDDIの企画営業、コミュファ代理店支店長、Yahoo!ショッピング出店舗へのマーケティング業務。ライフスタイル領域の新規事業創造、テレビ局・飲料メーカー・ゲーム会社などのPR・コンテンツ企画開発運営、ネットコンサルティングに携わる。2011年に独立し、企業の人材育成、新規事業立上げ、UIUX設計、iOS・Androidアプリ開発者育成アカデミー運営、マーケットプレイスやオウンドメディアでのEC事業展開。2012年に孫泰蔵氏の第2期 SeedAccelerationProgram MOVIDAScholarship に選出。オールアバウトにて新規事業立上げ、プロデュースに従事。2017年より01Boosterに参画し、大手企業、スタートアップの事業創造支援に従事。

川島 健

01Booster
海外戦略
マネージャー
早稲田大学卒業後、日系医療機器メーカーにてEMEA地域の新規市場開拓、外資系医療機器メーカーにてプロダクトマーケティングに従事。2017年より01Boosterに参画し、複数のアクセラレータープログラムのマネージメント、及び海外のアクセラレーターとの連携を推進。2018年にアジアのVC・アクセラレーターのコミュニティであるAcross Asia Allianceを立ち上げる。

坂田 聡司朗

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
大学在学中、ニューヨーク州立大学へ留学。卒業後食品メーカーにて新規事業開発を経験した後転職し、大阪市の産業支援機関にて中小ものづくり企業の販路開拓や経営力・技術力向上を支援。その後部署異動し、スタートアップや大企業を巻き込み、新たな事業創造、及びエコシステム構築を目的としたピッチイベントやハッカソン、海外ツアーや国際カンファレンス等、年間約100件のイベント・プログラムに従事。2018年より01Boosterに参画し、大手企業、スタートアップの事業創造支援に従事。

亀岡 利寛

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
2005年に人材サービス企業に入社。セールス・新規事業開発などを経験する。安心して働くためには、保育環境を整える必要があると感じ、2012年10月に株式会社ラボアンドタウンを設立。小学生の放課後を預り、「子どもと家族の自己実現」を目指すアフタースクールを運営中。 2017年2月より01Boosterに参画。

桑田 靖章

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
1998年、大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程を修了後、大手OA機器メーカに入社。大手医療機器メーカを含め、研究開発から生まれた自社技術の商品化、新規事業の立ち上げに従事。自社の販売チャネルが無い市場への参入をはじめ、技術のQCDから販売まで広い視野で自社のビジネスを考える事業開発を経験(経験した製品カテゴリ:液晶ディスプレイ、半導体レーザ、体外診断薬、他)。転機を迎えている日本の製造業の活性化に係りたいという想いが強くなり、香港政府系機関に転じ、日本企業の海外進出、輸出入、ビジネスマッチングの支援に従事。2018年6月より01Boosterに参画し、大学研究技術の社会還元支援に従事。

谷澤 祥

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
早稲田大学文学部心理学コース卒業後、Eコマース関連のベンチャー企業へ新卒1期生として入社。Webデザイン・マーケティング・採用・事業責任者等を経験。2018年6月より01Boosterに参画。

岡 宗一郎

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
政府系金融機関在職中、スタートアップ、事業承継、老舗企業など4,000社以上の審査を担当。創業専門部署では創業セミナーの企画・運営、大学・高校・専門学校で資金調達やビジネスプラン作成に関する講義、各ビジネスプラン審査員等を担当。ケーブルTVの生放送で地域経済の解説も担当していた。融資課長、創業支援センター所長を経て01Boosterに参画。

森 博樹

01Booster
事業家育成
マネージャー
大学卒業後、日本電信電話(株)入社。NTTグループにて研究開発やオペレーション開発を担当。海外企業との新規事業開発を経験し『自分の生き方を自ら創り出す機会』の必要性を体感。未来の子ども達のために「キンダリーインターナショナル」を立ち上げるなど「“Ikigai”を持ち、自分らしく生きて働くこと」の社会実装を推進中。

杉田 剛

01Booster
地域・事業家育成
マネージャー
99年青山学院大学卒業後NTT東日本入社し主に法人営業を担当。結婚を機に地元宮崎に戻り歯科医院経営支援ののち、07年宮崎商工会議所入所。商店街支援、観光事業計画、経営支援、創業支援、みやざきスタートアップセンターの立ち上げ、運営を行う。2019年4月より01Boosterに参画。

平井 忠道

01Booster
海外戦略
マネージャー
2008年にABBに入社。自動車用塗装ロボットのラボエンジニアとして従事。2016年にドイツ系素材メーカーのソリューション営業に転職。大手企業から中小企業まで全国の幅広い製造プロセスのクライアントを対象に新規開拓および既存深耕の法人営業を経験。2019年6月より01Boosterに参画。

木本 恭介

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
2001年日本技術貿易㈱に入社後、日本・米国市場を中心に、特許調査・分析案件に従事。専門分野は、情報通信分野で、主な顧客は、国内の大手電機メーカーをはじめ、通信事業者、自動車メーカー、複合機器メーカー、ゲームメーカー、など、国外は米国・欧州を中心とした各国弁護士事務所を担当。2017年からは、特許庁主導の中小企業支援事業の一つ、『中小企業知財金融促進事業(知財ビジネス評価書作成支援事業)』に、調査会社の一つとして参画し、社内にて当該プロジェクトを主導、地方金融機関向けに、融資先中小企業の事業性評価を行う業務にも従事。2020年1月より01Boosterに参画。工学修士、MBA。

ブランスクム 文葉

01Booster
コミュニティ
マネージャー
オリエンタルランドで店舗運営や人材教育、ディズニーシー立ち上げを経験後、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に転職。経営管理部門のサポート業務、CFO秘書を経て野村證券へ。お客様のニーズやライフプランの変化を理解し、様々なご要望に応えるファイナンシャル・アドバイザーとして15年、コンサルティング業務を行う。2020年2月より01Boosterに参画。グロービス経営大学院MBA。

江本 祐太朗

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
電機メーカーグループにて、企業向けにデジタル技術をベースとした、新規事業プロジェクトの設計及び推進、アイデアソンや社内教育などのワークショップデザインに従事。社内新規事業募集制度を利用し、通常業務と並行しながら自ら新規事業立上げ活動を行う。2020年より01Boosterに参画。

冨田 到

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
早稲田大学卒業後、スリーエムジャパン株式会社にてヘルスケア領域と製造業・工業系領域におけるB To C, B To B営業、既存・新規開拓営業、代理店営業、新製品(プロダクト・アウト)の市場開拓型のソリューション営業に従事。加えて、社外活動でNPO・NGOの営業・マーケティング支援を実施しており、ソーシャルビジネス系のスタートアップにもプロボノで参加。2020年より01Boosterに参画。

大場 翔太

01Booster
アクセラレーター
マネージャー
大学卒業後、新卒で㈱山口フィナンシャルグループへ入社。法人営業担当として中小企業向けの資金調達を中心に、資金運用、債権管理、新規開拓業務を行う。福岡、広島での勤務を経て、2020年2月より01Boosterに参画。

OUTLINE

募集要項

事業領域

事業領域は不問ですが、特に以下の4つの分野には注力しています。
「農業分野」生産性向上やブランド化、販路拡大など
「医療福祉分野」医療・福祉現場での課題の解決や、新製品・技術等の開発等
「観光分野」地域資源の活用やインバウンド促進、ブランド力向上等
「ICT分野」IoT、ビックデータ、AI、ロボット、航空宇宙、モビリティ等

選考基準

・チームの本気度、覚悟、能力、バックグラウンド、チームワーク、リソース調達力。
・課題、変化に対するソリューションの独創性、革新性。
・ビジネスプランの新規性、成長性。
・宇都宮市との親和性。
上記を中心に、関係者および外部の審査員により総合的に判断をいたします。

事業ステージ

事業ステージは不問です。プラン企画段階・検証段階の独立起業志望者から、事業化済み・資金調達済みの起業家・スタートアップまで歓迎いたします。

参加企業・チーム

法人もしくはチームの代表者がビジネスプランの実現・加速にフルコミットしている、もしくはアクセラレータープログラム参加時点でフルコミットできる見込みがあることが条件です。
※応募時点で法人設立していない個人事業者でも応募可能です。
※個人、法人いずれでも応募可能ですが、複数人のチームを歓迎いたします。
※年齢・国籍不問です。

採択企業特典

アクセラレータープログラム参加
※採択企業は10チームを予定しております。(増減する可能性があります)

その他の条件

・本アクセラレータープログラムに参加いただくことが条件です。
・事業プランは1チーム(人)で複数プランを申請していただけます。その場合プラン毎に申請書を作成していただき、1件ずつエントリーしてください。また、一度提出した事業プランの申請書を修正・再提出することも可能です。

書類提出先

下記、「ENTRY」ボタンよりお申し込みください。

提出物

① 指定のWebフォームからの申請【必須】
※下記「ENTRY」よりWebフォームに進み、必要事項を記入してビジネスプランを申請してください。
② 補足資料【任意】
※上記①の内容を補足する目的で、追加資料を添付していただけます。補足資料の提は任意、書式は自由で、PDF形式で作成してください。ページ数は10枚以内で、簡潔な資料作成をお願いいたします。
※秘匿情報について、選考期間中は(プログラムに採択されるまでは)NDAを締結いたしませんので、秘匿情報に関しては記載されないようお願いいたします。

プライバイシー
ポリシー

お預かりした個人情報は、本コーポレートアクセラレータープログラムに関するご連絡のため、宇都宮市の「プライバシーポリシー」および株式会社ゼロワンブースターの「プライバシーポリシー」に基づき適切に利用させて頂きます。
※本プログラムに選抜されなかった場合でも、事業連携やリソース提供などを通じて支援させていただく可能性がございます。また、01Boosterから他の支援プログラムについてご案内させていただく可能性がございます。その際には別途ご連絡させていただきますので、予めご了承ください。

お問い合わせ

お問い合せはこちらからお願いいたします。

FAQ

よくあるご質問

アクセラレータープログラム全般

約4ヶ月間のアクセラレータープログラム期間中どんなサポートをしてくれるのですか?

アクセラレータープログラム期間中、オフィスは提供されますか?

メンター

メンタリングやネットワーク紹介を希望するときはどうすればいいですか?

事前セミナー

事前セミナーは何のために開催するのですか?

参加条件はありますか?

ビジネスプランのご応募

ビジネスプランの応募は事前セミナーへの参加が条件ですか?

選考基準は何ですか?

ビジネスプラン応募に際して、年齢・性別・国籍の制限はありますか?

ビジネスプラン応募に際して、事業の成長ステージに制限はありますか?

ビジネスプランの応募はどこからすればいいですか?

選ばれたベンチャー企業は公開されますか?

支援内容

プログラムに選抜された場合、どのような支援が受けられますか?

開催場所

イベントはどこで開催しますか?

アクセラレータープログラムはどこで実施しますか?

知的財産権

参加チームのアイデアは守られますか?

01Booster

01Boosterはどんな企業ですか?

なぜ宇都宮市と01Boosterは組むのですか?